栃木県児童生徒発明工夫展覧会 金賞受賞2018/11/26

第68回栃木県児童生徒発明工夫展覧会で、本校1年生の前田君の作品が金賞を受賞しました。

11月19日(月)に栃木県総合教育センターにて表彰式が行われました。前田君は受賞者代表あいさつを行いました。

 

表彰式で金賞を受賞する前田君。             表彰式の最後に受賞者代表あいさつを行いました。

 

受賞者代表あいさつをする前田君。            賞状と盾を手に記念撮影です。


前田君の作品、「濃縮飲料希釈のための目印設定器」です。

濃縮飲料を希釈する際に、計量器などを使わずに、飲みたい量に合わせた濃縮飲料や加える水の分量を簡単に知ることができる装置を考えて製作しました。目印は左右に1つずつあり、向かって左側は飲みたい量全体の目印、右側は濃縮液を入れる量を示しています。右側のつまみを回すと左の目印が右の目印の5倍の長さになるように動くようになっています。目印は糸巻きに糸でつながっていて、糸巻きを回転させれば上下に動きます。糸巻きの直径は5:1になっていて、左の目印が右の目印の5倍の長さになるように動きます。