文星芸術大学附属中学校

SCHOOL LIFE学校生活

学校行事 部活動 制服紹介 施設設備 昼食

学校行事ANNUAL EVENTS

豊かな"内面を育む"学校行事

文星中には季節ごとにたくさんの行事があります。 宿泊学習やサマーキャンプ、雄飛祭など友人や学年の垣根を越えた絆を深める機会を数多く設けています。

令和4年度行事予定表 【PDF】

APR4月
  • 入学式
  • 宿泊学習
MAY5月
  • 春季体育大会
  • ボランティア活動
JUN6月
JUL7月
  • サマーキャンプ(2年)
  • サマースクール(学校開放)
  • 総合体育大会
AUG8月
  • 1日体験学習(児童対象)
  • 夏季講習会
SEP9月
OCT10月
NOV11月
  • 芸術体験(文星芸術大学)
  • 第1回入試
DEC12月
  • 生徒会役員選挙立会演説会
  • ウィンタースクール(学校開放)
  • 第2回入試
JAN1月
  • 前期・後期学力診断テスト(3年)
FEB2月
  • スキー教室(1・2年)
  • 中大連携授業(調理実習・3年)
  • 立志式(2年)
  • 予餞式・予餞会

体育祭・学校祭

中高一貫棟体育祭

平成26年度から、中高一貫(高校英進科と中学生)での体育祭を実施しています。中学生と高校生が、それぞれ縦割りの色別対抗で勝利を目指します。高校生は、中学生の目標となり、中学生は高校生の姿を見て、将来の目標としています。中高の垣根を越えた絆が深まる行事となっています。

雄飛祭(学校祭)

学校祭である『雄飛祭』は、例年2日間にわたって開催されます。1日目はオープニングセレモニーとして、高校生徒会が中心となって様々な出し物をします。2日目は一般の方々を招き、一生懸命考えた催し物がたくさん出て、大いに盛り上がります。

部活動CLUB ACTIVITIES

同じ目標に向かって仲間たちと切磋琢磨する

目標に向かって汗を流し、部活の仲間と励ましあった経験は何よりの宝物です。文星中で素敵な思い出を作りましょう。

運動部活動の活動方針 【PDF】

運動部

ソフトテニス部

剣道部

卓球部

バスケットボール部

文化部

科学部

美術部

将棋部

茶道部

ロボット部

制服紹介UNIFORM

機能性とデザイン性に優れた生徒たちに大人気の制服

制服は夏服と冬服の2種類です。冬服は男女共に、ダブルのジャケットでネクタイを着用、女子にはベストもあります。知性と上品さをイメージしたデザインとなっています。夏服は男子がノーネクタイ、女子はブラウスにリボンという着こなしです。その他たくさんのバリエーションがあります。令和3年度より、夏服に男女のポロシャツが加わりました。女子もスラックスが選択できます。

季節や気分によって
コーディネートいろいろ!

リボン
リボンは夏服の時に着用します。中学生と高校生では色が違います(写真は中学生のリボンです)。

ネクタイ
ネクタイは冬服の時に着用します。中学生は男子・女子共に同じデザイン、高校生では、学年色のネクタイを身につけます。

ニットベスト
ニットベストは、急な気温の変化や体調管理などの際に大いに活用します。また、セーターもあります。

PARTS

制服エンブレム
本校の校是にもあるライオン主義(Lion spirit)をイメージしたライオンのマークと、本校の前身である宇都宮実用英語簿記学校の創立記念の年(1911年)とをかけ合わせたデザインとなっています。

ボタン
文星芸術大学の附属校であることを示すロゴがボタンになっています。

校章
創立家の家紋である「五三の桐」の紋章と、その上に文星芸術大学の附属校であることを示すロゴから成り立っています。

施設紹介FACILITIES

設備が整った教育に最適な学習環境

生徒たちは設備の整った中高一貫棟で6年間を過ごします。
理科室やメディアラウンジなど快適な学習空間が用意されています。

校舎外観

家庭科室

理科室

体育館

美術・技術室

メディアラウンジ

音楽室

昼食LUNCH

昼食はお弁当ですが学食の日替わりランチを注文できます

昼食は牛乳のみの給食で原則はお弁当持参ですが、朝のうちに注文すれば、附属高等学校の学生食堂から日替わりランチを届けてもらうことができます。1食500円です。

ランチメニュー一例 【PDF】

ACCESSアクセス

JR宇都宮駅から JR宇都宮駅(西口)より関東バス(10番ホーム)、砥上営業所行き・長坂経由新鹿沼行きバス乗車
文星芸術大学附属中高下車/所要時間15分/運賃220円
東武宇都宮駅から 東武宇都宮駅よりユニオン通り経由で鹿沼方面へ約1km所要時間徒歩約20分
保護者専用ページ

保護者専用ページ

pagetop